02

ひらくPCバッグレザーは革の発注ミスから生まれた限定商品!

ひらくPCバッグレザーは革の発注ミスから生まれた限定商品!カバン工場で何があったのか?
工場で何があったんですか?
本当に恥ずかしい話なんですが...。正直にお話しますと、間違って必要な量の10倍の革を発注してしまったんです...。
生地の単位が日本と海外で違うんです。海外ではスクウェアフィートという単位で、日本ではデシという単位なんです。 1デシは10cm10cmで、1スクウェアフィートに計算する場合は、9.29をかけるんです。
革の単位はデシとスクエアフィート
工場から出て来た数字がスクウェアでなく、デシで来てたため、単位を間違えて、約10倍の発注をかけてしまったんです...。
そういうことはよくあるんですか?
聞いたことないです...。
わははは。
言い訳するわけじゃないんですが、ひらくPCバッグは長く売れてるので、みんながスルーしてしまったんです。普段より多い量でしたが、ひらくPCバッグならありえるかとみんなが思ってしまった。 通常はそんな単位で発注を頂くことないので、気づくんです。でも気づかなかった。我々の見落としなのは間違いないです。
本当にバタバタしてて、チェックを疎かにしてしまってました...。ベトナムに革が着いた時に、すごい量の革が来てる、って連絡があったんです。明細を確認したら、0が1つ多いことに気づいて...。血の気が引きました...。
革がもうベトナムに入ってしまってるので、戻すことは難しいんです。工場の貿易ライセンス上、材料を行ったり来たりすることは、許されないんです。なので、ベトナムの工場で使うしかないんです。
そういうお話だったんですね。
ちゃんとお会いして、ごめんなさいしようと思ってて、電話では詳細はお伝えしなかったんです。
穴があいてなくてよかったですね。
いや、パンチングの革もあります。日本でパンチング処理してからベトナムに送ってますので、パンチング処理済みしてる革と、してない革がベトナムにはあります。
パンチング処理してない部分ってありましたっけ?
取っ手部分です。
ここです。
ひらくPCバッグの取っ手の革の誤発注
この取っ手の革でカバン全体を作るってことですか?
そうなんです。
カバンの革の引き手を誤発注
これ?
はい。
すごい!(笑)
今回はそういうお話なんです。我々のミスですので、工場の利益は計上せずに作らせて頂こうと考えてます。ただ数量は限定です。通常だと、日本から革を送ると関税もかかるので、現地で革を仕入れて作ることが多いんです。それが安く作るポイントなんです。 ベトナムやバングラデシュは革が盛んなので、そこからベトナムの工場に入れば、革のコストを抑えることができます。 ただ、今回はそういう企画ではないので、日本の良い革を送ってるので、革が高いんです。ただ、できる限りのことはさせて頂こうと考えています。
会社では肩身が狭い感じなんですか?
もう開き直ってます。革を使う方法を考えようと思って。アイデアを出して。
開き直ってるわけじゃないですよね(笑)。前向きにね。
反省はしてます。すごくしてます!
トラブルメーカーなんですか?
いや、そんなことはないと...。自分はすごい気にしてたんですけど、まわりはフォローしてくれたと思ってます...。もちろん怒られましたが...。
今回は金額がデカいですからね...。
会社大きくてよかったですね。小さい会社だったらヤバかったですね。
ヤバイですね。金額がかなり大きいので...。ベトナムは高温多湿なので、基本的に必要な材料しか置いてないんです。金具も錆びたりするので、必要なだけ入れて。本体の生地や裏地も細かく管理してるんです。
革を寝かしておいても何にもならないですし。あまり長くおいてしまうと、悪くなってしまう可能性があるんです。そうすると処分するしかないので。
基本的に在庫を持つビジネスは、できるだけ材料も商品も持ちたくないんです。当然商品のほうが金額評価が高いですから、材料は早く商品に変えたいんです。 材料はモノを置いてるだけなので価値がないですし、決算では税金がかかります。だから、会社の将来にもかかわってきますし、給与にも関わってきます。
まあ、本当に...、厳しい話...、なんです...。
わははは。
商品名は、ひらくPCバッグミステイクですね(笑)。
わははは。
でも、ミスがあったから、クオリティの高いバッグが安い金額で販売できるわけでしょ。
そう言って頂けると有り難いです。ひらくPCバッグは本当にたくさん売れてますので、実は社内では前から革の話はあったんです。 通常の鞄でも生地で好評だと、カラーバリエーションが増えて、その後に、革バージョンを作るのは割と一般的な流れなんです。 なので、これだけ人気あるなら、ひらくPCバッグのレザー版が欲しいお客様がいるんじゃないかという意見は出てたんです。
商品の完成度はどうなんですか?
自分たちで言うのも何ですが、むちゃくちゃいいです。ベトナムの職人さんの技術も上がってきてます。革なので難しかったんですが、職人さんが頑張ってくれて、いいものができたと思います。
ひらくPCバッグのレザーバージョンの説明をする工場の方
同じバッグでも革で作るほうが難易度が高いんですか?
難しいです。オールレザーにすると、最後のまとめで、シワが入りやすいんですが、キレイにシルエットがでてます。どれだけ薄くするかも技術なんですが、仕上がったものを見て、キレイにできてたので、これはイケルと思いました。 三角形の頂点はうまくできるか不安だったんですが、シルエットもキレイにできてます。
状況は分かりました。質の高い商品が安く販売できるのであれば、ぜひやらせてください。お客様にとって素晴らしいことです。
最後に1つ!トラブルは発覚した時、どんな心境だったんですか?
ひらくPCバッグの革を誤発注したカバン工場担当者
誤発注が分かった時、会社がザワついたんです。「アイツやってしまったらしいぞ。」みたいな雰囲気になって、社長に説明しに行ったら、笑ってて...。怖かったです...。乾いた笑いで...。マジでマズイなと...。
こんなトラブルから生まれた「ひらくPCバッグ」と「ひらくPCバッグmini」のレザーエディション!数量限定ですので、気になる方は金額や詳細を今すぐチェック!

商品購入はこちら!

ひらくPCバッグ レザーエディション ひらくPCバッグmini レザーエディション
ひらくPCバッグ レザー 商品詳細
ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。 にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
今回のスーパーコンシューマー
いしたに まさき
いしたに まさき
ブロガー、ライター、WEBマーケティングアドバイザー。2011年アルファブロガー・アワード受賞。 Webサービス・ネット・ガジェットを紹介する考古学的レビューブログ『みたいもん!』運営。02年メディア芸術祭特別賞、第5回WebクリエーションアウォードWeb人ユニット賞受賞。共著に『ツイッター 140文字が世界を変える』(マイコミ新書)『クチコミの技術』(日経BP社)など多数。
スーパーコンシューマーとは
スーパーコンシューマーのアイデアがカタチになっていく様子をブログやポッドキャストで配信
ひらくPCバッグの商品詳細
つぶやき

みんなのつぶやきをチェック!

ひらくPCバッグ を入れて、つぶやいて!

スーパーコンシューマーのトップ