13

森下さんがしょんぼり

USBメモリケース高すぎて発売できません!

「Project 005」 デジハリ大学と産学連携 / コメント(3)
複数のUSBメモリを収納できるケースの見積もりが来ましたので、急遽全員集合です。 渋谷のランチタイムにカラオケボックスに集合しております!写真撮り忘れました。

Flashが表示できません。

USBメモリケース高すぎて発売できません!
デジハリ続編!渋谷のランチタイムに収録してます。
そうですね。笑
わざわざ渋谷に来ていただいてありがとうございます! サンプルがこの前にできて、見積もりきたんです。 学生さんたちもなんとなく感じてるかもしれないけど、 予想以上に見積もりが高いんです。

USBメモリケースの見積もり金額

結構高いですね。 あのー、日本で作って、小ロットなので、まあ高くなるとは思うんですが、 それにしても高いです。ええと、売値にしたら、だいたい12000円ぐらい。
えっ・・・。
いくらなんでも高すぎるでしょ。
作るコストがかなりかかるんですね。 12000円もしたら、誰も買わないですよね・・・。
そうですね・・・。
工場のおじさんと話していろいろ交渉したんですけど、 工夫しても、そんなに安くならないみたいなんです。 なので、方法としては、他の工場を探すか、後は今回のサンプルでよしとするか。
・・・。
日本国内で作ると、難しいようです。 国内でも工場によってはまだ安くなるとは思うんですが。
という話を電話で聞いて、こりゃ困ったな。と思ったんです。 値段は高くなる気はしてたけど、思った以上。 で、おっちゃんと話してたときに、高かったら素材とかで調整しようと言ってたから、 素材で調整したらいいと思ったんやけど、 今回の場合は、素材よりも作る手間代が高いらしい。 だから、素材で多少は安くできるけど、大幅には安くならないみたいなんよ。 あっこは日本で作ってるから、日本じゃない工場を探さないと難しそうなんよ。
そうですね。うん。
でも、そもそも、販売価格は2、3000円って言ってたやん。
そうですね。
それも南さんから言ってもらったんやけど、そりゃムリでしょう。って言われたらしいんよ。
そうなんです。
たぶん、あのおっちゃんと今のカタチを追及するとムリっぽいんよ。数も少ないしね。 というわけで、ちょっと作戦会議せんとあかんね。ということになって、わざわざ来てもらったんですよ。 他の工場でやったらもっと安くすることはできるんかもしれない。 あのサンプル持っていって、説明してね。
このUSBメモリケースをいくらで作りたいって言ってね。
あの工場だと、金額差がありすぎるかな。という気がしてます。 どうやったら安くできるか検討したかったんやけど、かけ離れているからどうしようもないっぽいんよね。 10%、20%を安くすることはできるかもしれないけど、 それでも1万円とかになるから、買う側からするとしんどいな。 ということなのですよ。
・・・。
工場の人いわく、日本だと難しい。 中国とかならもっと安くできるけど、中国でやると安く出来るけど、その場合はロットが増えるんです。
ああ、たくさん作らないとあかんのね。
・・・。
USBメモリケースは使ってみてどうなん?
私は作ったのを工場に返してしまったので、最新のは今は持ってないです。 でも、ゴムの締め付け部分を調整できれば、他は使いやすいです。 細かい部分は気になるけど、布の角度とかなので。
うんうん。なるほど。 でも、12000円はちょっとしんどいね(笑)。 学生向けって言ってたからね。
そうですね。
それはどの部分が高いんですか?
結局、1個あたり作る時間なんですよ。 どれぐらい時間がかかるかなんです。
手間ですか?
そう。手間代が高いんです。 それが中国だと、単価が安いので、同じ時間かかるけど、1/3ぐらいで作れたりするんですよ。
やっぱりサイズが小さいので、作業が細かくて大変なんですね。
パーツが結構いっぱいあるんですね。
そうですね。
僕が予想してたより高いんです。もし、継続して売っていくとか、はじめてにロットを増やせば多少は下げてくれるとは思うんですけど、この数では仕方ないのかなと。
50個で、やりきりと思ってるやろからね。
そう思われると、それだけで利益取らないといけないですからね。継続して1年、2年とかいう単位で考えられればもっと検討できると思うんですが。
50個では交渉しにくいね。向こうも利益を取ろうと思ってるからね。 どうですか?
難しいですね。 カタチを変えてもそんなに換わらないんですよね。
そうですね。同じ工場でやるとそんなに変わらないと思いますね。
カタチを変えてもUSBのサイズが小さいし、ポケットは必要だし、 パーツの数もそんなに変わらないから、そこまでダウンできないと思いますね。
たぶん、ちょっとずつ安くはできると思うんやけど、 でも、それで8000円になったとしてどうだ。というところやと思うんよね。 ほんまやったら、あの工場と詰めていくんやと思うけど、差がありすぎるんよね。 だから、やるとしたら、他でやるしかないと思う。
これをいくらで作れますか?みたいな。
そうそう。 モノはもうあるから、どうやったら安くできるかやな。 そういう視点で手伝ってくれるところを見つけないとね。 あのサンプルはもらえるんよね。
そうです。あれはお金払って作ってもらったもんやから貰います。 今は向こうに渡してるんよね。
はい。
工場には返事したん?
いや、してないです。とりあえず検討します。と言ってます。 この金額では厳しいので相談してみますと。
うん。そりゃ、向こうも分かってるやろけどね。この小さいUSBメモリケースが1万円超えたら厳しいでしょ。
あとは、今話している工場はそこでは作ってないんですよ。
そうですね。
そこからまたどこかにお願いしているので、間で利益がのってるのでちょっと高くなってると思うんです。 あと、作る人と直接話ししてないので、思いも伝わってないかもしれないです。
もしかしたら直接やってくれるところを探せたら
ただでも、まあ、売値が2、3000円というのは厳しいように思いますね。
50個しか作らないからね。直接、職人さんと繋がれればもっと安くはできそうやろね。
でも、あのサンプルを作ってくれた職人さんがどこの人か分からないですから。
いやいや、あの人を探すのはムリやと思うけど。
ああ、別の職人さんですか。
そうそう。コンセプトに共感してくれる工場の人でいいのよ。 うまくいくか分からんけど、今考えられるアイデアとしたらそんな感じかな。 一応、サイトで公開して、職人募集とか書くけどね。笑
じゃ、どうしましょうか。ええと、探します?
そうですね。別のところを。
で、スーパーコンシューマーでも募集して。
やってみようか?
そうですね。
じゃ、工場の人にはサンプル制作で一旦終了と言う?
そうですね。
ちょっとその価格では制作できないので、サンプル費用だけ払って、サンプルは返してもらってね。 サンプルの1号、2号はあるんよね。
はい。持ってます。
1号は持つところデカイやつよね。
1号、2号で探してもらって、職人さんが見つかったら再開と!
じゃ、そうしましょうか。
はい。
ちょっと中途半端な結果になってしまったんですが。 やっぱ、ガチでやってるんで、こんなことが起きてしまうんですね。
やってる中でどうなるか全く分からんもんね。 今週頭に南さんから電話があったんですよ。えらい高いぞ、と。
わははは。 中谷さんとは冗談で、このぐらいの金額になったら笑いますよね。と言ってたら本当にそんな値段になってしまいましたね。笑
初めて組む人とやってるから、向こうのビジネスも尊重したいからね。
革小物だったら、いつもやってるから、ある程度は融通利くと思うんですが、 革だともっと高くなっちゃうからね。
じゃ、南さんから工場に電話する?
はい。サンプルで止めてもらいます。
USBメモリケースのサンプルは、森下さんの家に送ってもらうんよね。サイトでは今日のやつをまたアップしますので、えらい高くて発売できません。と書きますよ。 職人募集も書きますよ。
わははは
作る人いますか?ってね。笑
モノつくり系の人も見てくれてるので、もしかしたらウチでやりますか、っていう反応があるかもしれないです。まあ、難しいとは思いますが。
可能性ゼロではないとは思う。 そういうのを含めてみんなが動いて、他の選択肢を模索してみましょう。 デジハリ続編は結構回数やってるんですが、こんなカタチで収録を終わります!
崖っぷちな感じで・・・。
若干、森下さんが元気がない気がします。
元気ないですね。
しょぼん。
今日は睡眠不足もあるんですよ。
あ、そうなんだ。じゃ、デジハリ続編は一旦終わります。
お疲れ様でした!
ということで、不本意ながらデジハリ企画を一旦終了させていただきます。 グッドアイデアがある人がいたら、是非アドバイスお願いします!

コメント(3)

はじめまして
株式会社enmonoの宇都宮といいます。
コチラで対話されている内容を拝見して、なにかお役に立てるのではと思い、コメントいたしました。
モノを作ってビジネスにしたい、と作りたいを直接結びつける仕事をしております。
よろしければ、一度ご相談させていただければと思います。

宇都宮さん

コメントありがとうございます!

中谷です。学生のアイデアをカタチにする方法があれば、是非教えてください!

中谷様
宇都宮です。
当社では、マイクロモノづくりワークショップと称して、加工屋さんですとか、デザイナーさんなど交えて、アイデアを形にしていくプロセスを実体験型で学んでいこうということを始めております。
コチラにご参加いただくことで、メーカーの商品開発プロセスを実体験でき、真依tコバの方やデザイナーさんなどともネットワーク構築が出来ると思います。
よろしければ、今後の開催スケジュールが決まりましたら、ご案内差し上げます。

ちなみにセミナーの模様です。
http://enmono.jimdo.com/%E6%A5%AD%E5%8B%99%E5%AE%9F%E7%B8%BE/%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC/

今回のスーパーコンシューマー
デジハリ大学でものづくり特別講座
デジハリ大学でものづくり特別講座
デジタルハリウッド大学とスーパーコンシューマーの産学連携企画。橋本大也さんの研究室でものものづくり特別講座。プロダクトをデザインする。
スーパーコンシューマーとは
スーパーコンシューマーのアイデアがカタチになっていく様子をブログやポッドキャストで配信
つぶやき

デジハリ を入れて、つぶやいて!

スーパーコンシューマーのトップ